東洋医学と西洋医学のコラボレーションによる総合クリニック

トップ > 暮らしと漢方 > 漢方科が正式な診療標榜科目になりました
暮らしと漢方

漢方科が正式な診療標榜科目になりました

漢方科が正式な診療標榜科目になりました

「この4月から、『漢方科』が正式な診療標榜(ひょうぼう)科目になりました」
…そう言われても、これまでに漢方治療をお受けになったことのある方は、疑問にお思いでしょう。
信じられないことかもしれませんが、いままでわが国には「漢方科」という診療科目はまったく存在しなかったのです。

したがって、これまであなたがお受けになってきた漢方治療とは、内科や小児科などの各科の医師が、あくまでも各科の診療の"一部として"取り入れていただけだったのです。
さてこの機会に、証クリニックでは"漢方内科""漢方消化器内科""漢方精神科"を標榜させていただくことになりました。
漢方診療は全身のあらゆる症状とともに心身全体のあり方と向き合うその性質から、まさしく総合診療であると考えており、当クリニックでは内科学全般はもとより皮膚科・婦人科・整形外科領域などに亘って幅広く対応させていただいております。

「漢方内科を標榜いたします」もあわせてご覧下さい。