東洋医学と西洋医学のコラボレーションによる総合クリニック

トップ > こんな症状にこそ漢方を! > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピーってどんな病気?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある皮膚の湿疹を主な病変とし、しかも悪化・軽快を繰り返す病気です。 診断は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の診断基準」に従ってなされますが、その要点は、以下の通りです。

  • かゆみがある皮膚の湿疹(皮疹)であること
  • 皮疹の分布に特徴があること

急性ならば、赤い皮膚、じくじく、ぶつぶつ、はがれおちる皮膚、固くひきつれた皮膚などがみられ、慢性では、じくじくした紅い皮膚、ざらざら・かさかさした皮膚などがみられます。皮疹の分布は左右対称で、額、眼や口の周囲、唇、耳たぶの周囲、頸、手足の関節、お腹、背中などに見られます。

また、乳児期には頭、顔にはじまりしばしばお腹、四肢へと下りて行き、幼・小児期では頸、手足の関節の病変が多く、思春期・成人期には上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向があります。これらの皮疹が慢性的に(乳児では2カ月以上、その他では6カ月以上)、繰り返し経過し、しばしば新旧の皮疹が混在するのが大きな特徴です。

アトピー性皮膚炎の原因は何ですか?

原因はいまだにはっきりとわかっていませんが、食べ物、汗、環境因子、細菌、かび、さまざまな化学物質、ストレスなどがアトピー性皮膚炎の悪化に深く関わることがわかっています。また、患者さんの多くは「アトピー素因」を持っています。アトピー素因とは、本人または家族に、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の病気などがある場合を指します。

アトピー性皮膚炎の治療について教えてください。

皮膚はからだの一番外側にあって体を包み込む「最大の臓器」です。その働きはからだの保護と温度・水分の調節などですが、アトピー性皮膚炎になるとこれらの機能が落ち、水分調節ができなくなり、わずかな刺激でかゆみを起こしやすくなり、細菌やかびなどを感染しやすくなります。ですから、治療が必要となってきます。

現代医学的には、残念ながらいまのところ、アトピー性皮膚炎を根本治療できる方法はないといわれています(もちろん、漢方がこの方法のひとつである可能性はあります)。したがって、アトピー性皮膚炎の治療は上でお話ししたような皮膚の機能を健康な状態に戻していくのが治療の目標となります。

そのためには、原因が分かっている場合にはそれを除去すること、皮膚の炎症がある場合にはこれを抑えること、低下した皮膚の機能を少しでも回復させること、になります。

アトピー性皮膚炎の原因・悪化因子の除去

原因・悪化因子の除去については、掃除などで取り除けるものは比較的実施しやすいのですが、食物が原因の場合は注意が必要です。成人の場合はともかく、成長期の乳幼児に「これを食べてはいけない」と判断するのはよくよく注意が必要です。栄養失調になり、成長に支障が出る場合があるからです。したがって、専門医の指導が必要です。

皮膚の炎症を抑えること

皮膚の炎症を抑えるには、現在ステロイド外用薬やプロトピックが中心に用いられています。これらの薬は、ともすれば副作用がやり玉にあがりますが、正しく使えばほとんど問題になることはありません。ステロイド剤には多くの種類がありますが、ステロイドの副作用と言われているものの中には、たとえば本来使うべきものよりも緩い効果のものを漫然と使っていたために、炎症がくすぶって残ったものがよく見られます。したがって、その時々に合ったステロイドを、必要最小限使うことが必要です。

また、皮膚のかゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を使用する場合があります。かゆみが強いと、かくことそのもので皮膚炎が悪化しますし、細菌などの感染も受けやすくなります。また、眼のかゆみのために眼をかいたりたたいたりすると、眼に慢性的に刺激が加わることで白内障を起こし、失明に至る危険性もあります。

スキンケア

上で述べた項目と並行して、皮膚を守るスキンケアが重要になってきます。ポイントは次の3つです。

■皮膚を清潔に保つ

毎日の入浴、シャワーが欠かせません。汗や汚れは速やかに落とすことです。
しかし、強くこすらないこと、石鹸・シャンプーを使用するときは洗浄力の強いものは避け、残らないように十分にすすぐこと、痒みを生じるほどの高い温度の湯は避けること、入浴後にほてりを感じさせる沐浴剤・入浴剤は避けること、入浴後には, 必要に応じて適切な外用剤を塗布するなどが重要です。

■皮膚の保湿を行う

保湿剤は皮膚の乾燥防止に有効で、入浴・シャワー後は必要に応じて保湿剤を塗布することです。患者ごとに使用感のよい保湿剤を選択する必要があります。軽微な皮膚炎は保湿剤のみで改善することもあります。

■その他

室内を清潔にし、適温・適湿を保つこと、新しい肌着は使用前に水洗いすること、洗剤はできれば界面活性剤の含有量の少ないものを使用すること、などです。


アトピー性皮膚炎の漢方治療

漢方は、上で述べた治療のうち、いずれにも関わっていると考えられます。
まずアトピーの原因・悪化因子の除去については、漢方薬にはストレスに対する耐性を高める作用があります。また、漢方には免疫調整作用をもつものもありますので、アトピー素因を改善している可能性もあります。

また、漢方薬には皮膚の炎症を抑える作用を持つものがあります。この作用はステロイドほど強くはありませんが、ステロイドなどと併用することで炎症を抑えたり、使用するステロイドの量を減らせたりすることがあります。

また、漢方薬にはスキンケアの役割を持つものもあります。たとえば、皮膚の血流を活発にし、乾燥状態を改善するようなものがあります。

このような漢方薬を適宜選択し、また組み合わせることで、総合的にアトピー性皮膚炎を治していくのがアトピー性皮膚炎の漢方治療です。

大事なことは、漢方だけに頼らないことです。きちんと現代医学的に診断、治療をし、そこに漢方をかぶせてゆくような使い方が、結局は治る近道ではないかと思います。

アトピー性皮膚炎で当院を受診される方へ

アトピー性皮膚炎で受診される方が増えています。私たち証クリニックの医師たちも、受診する皆様がなるべく早く改善できるように、日々の診療に努めてまいりました。

当院では、標準的皮膚科治療+漢方治療というスタイルで治療を行っています。標準的皮膚科治療とは、厚生労働省と日本皮膚科学会から出されている「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」に則った診療を行うということです。西洋医学(ステロイド・プロトピックなど)については、必要ならば導入し、漢方はその補助として併用します。さらに必要な場合には、皮膚科専門医をご紹介しております。

アトピー性皮膚炎治療には、西洋医学と漢方とどちらがよいのですか?

このようなご質問を受けることがありますが、「まず西洋医学」ということになります。西洋医学でうまくいけば、それが一番でしょう。それでうまく行かない場合、漢方を併用するというのがよいでしょう。漢方をうまく使い、ステロイドがだんだん要らなくなるように持って行く、というのが理想です。「何が何でも漢方だけで」「ステロイドは嫌」という方の希望は、残念ながら満たす自信はありません。

繰り返しますが、まずは現代医学を優先することです。現代医学的な診察、検査などを行うべきだということです。その上で漢方診療が行えるか、行ってもよいか、を検討するのです。

たとえば、あなたが急性の心筋梗塞であれば、心臓専門の病院ですみやかに診療を開始する必要がありますし、がんが見つかったら手術で切除することをまず考えねばなりません。喘息の発作を起こしていればまずは気管支拡張剤などで発作を止めなければなりません。同じように、重症のアトピー性皮膚炎であればステロイドでまず鎮静化させねばなりません。このような場合に、漢方だけで対応していると、大変なことになりかねません。漢方は、概して現代医学と比べて効果が出るのが遅く、効果もマイルドであることが多いからです。

医学的な常識を踏まえて、あなたに一番適切な治療を受けていただくこと、漢方診療が適切だと考えればそれを懸命に提供すること、これが私たちの務めだと思っております。

漢方を飲むとどれくらいで改善しますか?

私たちはこれまで数多くのアトピー性皮膚炎の患者さんを診てきましたが、これは個人差が大きく、何ともいえません。もともと漢方薬には、西洋医学の薬ほどの即効性がないので、アトピーでも残念ながらほとんどの場合漢方だけでは即効性はありません。したがって、現代医学的治療でしっかりアトピー性皮膚炎をコントロールしながら、これに漢方をかぶせていく必要があるのです。

軽快するまでにはふつうは1〜2ヶ月程度かかると思います。治癒といえる段階には、数ヶ月から年単位の時間がかかるでしょう。何年もかかってできあがった病気は、治すのにもそれなりの時間がかかるように思います。ですから、長期戦になることが多いのです。

どのくらいの人が最終的に漢方で治りますか?

これも人により、担当医師により、まちまちです。当院治療中の方では、厳密な統計を取ったわけではありませんので大ざっぱな言い方になりますが、3分の1くらいの方が最終的に漢方だけでうまくコントロールできるようになるようです。全体に8割くらいのかたが何らかの改善はしているようです。しかし、残念ながら2割くらいの方には漢方治療の効果は見られていません。2〜3ヶ月間漢方薬を飲んでもよくなるきざしがない場合は、漢方治療に向いていない可能性が高くなります。

アトピー性皮膚炎に漢方治療を行うメリットは何ですか?

現代医学ではアトピー性皮膚炎を押さえこんでしまう「対症療法」が主体で、現状維持するのが目標となりますが、これに漢方を加えることで「根本的に治る」可能性が出てきます。これが一番のメリットでしょう。あるいは、ステロイドなど現代医学の薬の使用量を減らし、少しでも患者さんの生活の質を上げられる可能性があることもメリットの一つでしょう。

しかし、どんな治療にも言えることですが、「漢方だから必ず治る」ということはありません。漢方を導入することで少しでも皆様のアトピー性皮膚炎が改善できれば、と思って治療しております。

漢方意外に、生活習慣で気をつけることはありますか?

「ガイドライン」には書いてありませんが、油脂類、チョコレート、ジャンクフード、香辛料の多用、過度の飲酒、たばこ、睡眠不足、疲労、便秘などをなるべく避けるのが良いようです。中でも、最近気になるのがたばこです。たばこは全身の血管を収縮させる作用がありますので、皮膚の血流もこれで減少します。すると、皮膚炎の治りが遅いようです。

適度な運動は皮膚の正常な働きのためにはよいでしょう。しかし、汗をかいたら早めにきれいにすることです。汗の成分が皮膚にかゆみを起こしかねません。私どもでは、患者さんお一人おひとりに合ったご注意をさせていただきたいと思っております。