東洋医学と西洋医学のコラボレーションによる総合クリニック

トップ > こんな症状にこそ漢方を! > 生理痛・生理不順

生理痛がひどく、いつも鎮痛剤を使用してやっと仕事しています。
漢方でなんとかなりませんか?

漢方治療では生理の時の痛み止めではなく、普段から生理痛がおきないように心身の状態を改善することを目指します。

生理不順で、たまにくると生理痛がひどいので困っています。
放っておくと不妊症になると母に言われ、婦人科でホルモン治療を受けました。一、二回は生理がきちんと来るのですが、そのあとは前と同じで、同じことの繰り返しでした。漢方の治療ではどうなのですか。

漢方治療では生理不順生理痛も同じように対処します。通常では、婦人薬といわれる一群が頻用されますが、それだけでは不十分で、精神的な安定を図ること、自律神経系の機能を正常化することが必要になることが多いのです。冷えを合併している方も少なくありません。この場合は冷え対策も併せて行うことになります。このため、全身状態の把握が不可欠であり、詳細な問診と診察が必須となります。自覚症状と診察で得られた他覚所見が食い違うことはよくあります。ご本人が思っているよりひどい状態のこともあるのです。